ホーム > ARENA 728 Studio > リフォームの前に…。家族みんなの幸せを充実のバリアフリー

家の中および庭、バルコニー、デッキ、玄関アプローチなどにおいて、事故のない快適な暮らしを実現するための改修を目指します。
バリアフリーリフォームを行うことで、高齢者はもとより、妊娠している方、幼児、訪問してきたお客様にも、快適な空間と安心の毎日を確保します。
バリアフリーリフォームによる改修にはさまざまな改修箇所があります。お客様のご要望に応じ、気になるところから順にリフォームを行います。
ここではバリアフリーリフォームで気をつけておくポイントをざっとご紹介します。
これはバリアフリーリフォームの基本です。家の中の段差、家の外の段差を徹底的になくすことが事故を未然に防ぎます。
これもバリアフリーリフォームの基本です。階段、廊下、浴室、玄関、玄関アプローチなど要所要所に手すりを設置しましょう。
外開きの扉は、向こう側に立つ人に当たる恐れがあります。引き戸にすると車椅子でも使えます。
冬場にリビングから寒い廊下に出たときや、脱衣所から浴室に入ったときなど、温度差によって血管が急変動し、心筋梗塞や脳出血を起こす恐れがあります。ヒートショック対策をお忘れなく。
小さな段差にもつまづきやすくなりますから、階段、廊下、玄関アプローチなどでは足元を明るくするリフォームが必要です。
廊下、階段、浴室、玄関アプローチなどに使用する素材は、慎重に選んでください。
経験豊富なプロによるご提案安心安全な住まい耐震補強人と環境にやさしい自然素材家族みんなの幸せを充実のバリアフリー徹底したアフターフォロー
ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.